症状別対策BOOK

便秘・下痢とは

便秘・下痢に関係する腸のメカニズムについて、基礎知識をご紹介します。

腸の仕組みと働き

腸は大きく分けると「小腸」と「大腸」から成っています。小腸は栄養素の消化・吸収を行なう場所で、約6mから7mの細長い管状になっています。
内部にはヒダがびっしりと並んでいて、胃から送られてきた食物が胆汁や膵液で分解され、吸収されるのです。栄養素のおよそ90%は小腸で吸収されます。小腸は大腸に比べて動きが早く、約2時間から4時間で消化は終了します。そして、小腸で吸収された後の残り物が大腸に運ばれます。

大腸では主に水分の吸収と糞便の形成、排泄が行なわれます。大腸は長さが約1mから1.5mで、小腸の倍の太さがあります。大腸では、できるだけ水分を吸収して固くしながら、24時間から48時間かけてゆっくり排泄物を肛門の手前まで運んでいきます。そして、この大腸で大活躍するのが腸内細菌です。

小腸には細菌は少ししかいませんが、大腸には膨大な数の細菌が住みついていて、腸の中の腐敗を防いだり、身体がつくることのできない栄養素を作ったり、抵抗力を強める働きをしています。

腸内細菌の数

大腸には、皆さんよくご存知のビフィズス菌や大腸菌など、種類にして1000種類以上、100兆個もの腸内細菌が住みついています。

人間の細胞は約60兆個ありますが、それよりも多い数になります。また、糞便の3分の1は菌の死骸といわれており、腸内細菌は常に分裂・増殖・死を繰り返しているので、体内の細菌の総数はいつもほぼ一定に保たれています。重さにすると、常に1kgくらいの細菌が腸内にいることになります。
人によって、腸内に持っている細菌の種類は個人差がありますが、数には大きな違いはありません。これらの細菌の集団を、「腸内フローラ(腸内細菌叢)ちょうないさいきんそう」といいます。

善玉菌と悪玉菌

腸の中には私たちの体にとって良い働きをする細菌と、悪さをする細菌が一緒に住んでいます。そして、良い働きをする酪酸菌・乳酸菌・ビフィズス菌などは一般に“善玉菌”といわれ、悪さをするウエルシュ菌などは“悪玉菌”といわれています。

善玉菌の代表は、酪酸菌らくさんきん・乳酸菌・ビフィズス菌です。酪酸菌は酪酸と酢酸を、乳酸菌は名前の通り乳酸を、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出す働きをして、腸内の環境を酸性にします。すると、酸性に弱い悪玉菌の増殖が抑えられ、結果的に善玉菌が増加。腸内フローラが整い、便秘や軟便が改善されます。また、これらの酸は腸のぜん動運動を促進してスムーズなお通じを助けます。酸の中でも、酪酸・酢酸・プロピオン酸は短鎖脂肪酸たんさしぼうさんといいます。短鎖脂肪酸は大腸のエネルギー源となり、中でも酪酸菌が作り出す酪酸が優先的に使われます。また、短鎖脂肪酸は、粘液を分泌する細胞の増殖を促したり、粘液の分泌を増やしたりすることで、大腸のバリア機能を改善し腸を整える働きもあります。

一方、悪玉菌(ウエルシュ菌など)は腸内の腐敗、発がん物質や毒素の産生などの有害な作用を持ち、体の抵抗力を弱め、下痢や便秘を引き起こすだけでなく、肝障害や高血圧、さらにはがんや老化の引き金にもなります。また、悪玉菌のほとんどは、病気を引き起こす病原性を持っています。ただ、特定の悪玉菌が非常に増殖したときには悪さをしますが、お互いの細菌がある程度のバランスを保って共存しているときには悪さをしないようになっています。胃腸を守るためには腸内細菌のバランスを崩さないということが大切なのです。そのためには、乳酸菌などを日頃から腸内に送り込んでやることが望ましいといえます。