二日酔い

二日酔いとは、過度の飲酒により、翌日まで頭痛やめまい、吐き気などの症状があり、気分の悪い状態が続くことで、宿酔(しゅくすい)ともいいます。アルコールを代謝する過程で出る有害物質、アセトアルデヒドが血液中に残留していることが原因で二日酔いは起こります。
ここでは、二日酔いの症状や予防法、対処法などを紹介します。

二日酔い セルフチェック

あなたの飲み方は肝臓に負担をかけている?日常生活をチェックしてみてください。

  • 01多種類のお酒を飲むことが多い。
  • 02つまみを食べずに飲むことが多い。
  • 03お酒の席ではタバコがかかせない。
  • 04アルコール度数の高いお酒を飲むことが多い。
  • 05接待や上司など、苦手な相手と飲みに行くことが多い。
  • 06つい一気飲みをしてしまう。
  • 07飲酒中は、水やお茶などを一緒にとらないことが多い。
  • 08飲むと一軒では止まらず、はしごをすることが多い。
  • 09自分で飲む量やペースのコントロールができない。
  • 10休肝日がなく、毎日2合以上飲んでいる。