のど(喉)の痛みを早く治すには?

のど(喉)の痛みを早く治すには? すぐにできる対処法を紹介

喉(のど)の痛みは、食事をするのがつらくなったり、声が出づらくなったりと、私たちの日常生活にたくさんの影響を及ぼします。そんな「つらい喉の痛み」を「一瞬で治したい」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。とはいえ、一瞬で治すことは難しいのが現実です。そこで今回は、喉が痛いときにおすすめの対処法についてご紹介します。
永武 毅 先生

監修

永武 毅 先生 (桜みちクリニック 院長)

のど(喉)が痛くなる原因は?

喉の痛みは、喉が炎症を起こして神経が刺激されることによって生じます。 喉の炎症を引き起こす原因について知っておきましょう。

喉の痛みは、一般的な風邪などの症状(かぜ症候群)のひとつです。かぜ症候群の病原体は、8090%がウイルスと言われており、喉の粘膜にこの病原体(ウイルス/細菌など)が侵入すると、咽頭や扁桃に炎症を起こします。さらに、鼻腔から喉頭までの気道(上気道)に炎症を起こすと、喉の痛みが発生します。これらの病原体は、乾燥により喉の粘膜に付着しやすくなると言われています。

花粉症などのアレルギー疾患も同様です。空気中に浮遊する花粉やハウスダストなどの原因物質「アレルゲン」を吸い込み、その成分が鼻の粘膜から体内に入るとくしゃみや、鼻水・鼻づまりなどを引き起こします。鼻づまりにより口呼吸になると、乾燥した喉にウイルスが付着し炎症を起こす原因となります。

その他、声帯に過度の負担がかかるような大声を出すことや、アルコール、タバコも喉の粘膜を傷つけ、炎症を引き起こす原因となります。

のど(喉)の痛みを早く治したいときの対処法

つらい喉の痛みは一刻も早く治したいもの。とはいえ、一瞬で効く方法はありません。そこで、手軽にできる喉の痛みを緩和する方法を紹介します。

水分補給をこまめにする

先述の通り、喉が乾燥するとウイルスや細菌が粘膜に付着しやすくなります。また、鼻づまりが起こると口呼吸になりやすくなるため、さらに喉を乾燥させる原因に。喉の痛みを軽減するには、水分補給をこまめに行って喉を潤すことが大切です。

ただし、アルコールやカフェインを含む飲料は、逆に脱水を起こす可能性があるため控えましょう。水やノンカフェイン飲料がおすすめです。

部屋を加湿する

空気の乾燥は、ウイルスが増殖する原因となります。室内の湿度が5060%になるように、加湿器などを活用して調整しましょう。お風呂にお湯をためて扉をあけておくのも、室内の湿度を上げるのに効果的です。

マスクを着用する

ウイルス感染の防止のために、外出時はマスクを着用しましょう。また、室内でも就寝中にマスクをすることで、喉の乾燥を防ぐことができます。

うがいをする

うがいは、喉に付着したウイルスを洗い流してくれます。帰宅時や食事前など、こまめに行うようにしましょう。

のど(喉)におすすめの食べ物・飲み物を取る

栄養バランスのとれた食事を取り免疫力を高めることも早く回復する上で大切です。喉の痛みに有効な栄養素としては、ビタミンACが挙げられます。どちらも粘膜の健康維持を助ける働きがあるため、喉や鼻の症状にも効果が期待できる栄養素です。さらにビタミンCには、風邪などの病気に対する抵抗力を強める働きもあります。

喉が痛い際は、コンビニなどで手軽に手に入るのど飴も活用してみましょう。のど飴は、喉の乾燥を防ぎ、喉の痛みを緩和する効果が見込めます。のど飴には「医薬品」「指定医薬部外品」「食品」の3種類があります。なかでも医薬品・指定医薬部外品ののど飴は、喉の湿度を保ち、喉に潤いを与えてくれる他、抗炎症作用や殺菌作用があるものが多いです。

この他、喉が痛いときにおすすめの食べ物もいくつかご紹介します。

  • はちみつ

    のど飴にもよく含まれているはちみつは、殺菌作用や喉の炎症の症状軽減などについて研究が行われています。

    また、ブドウ糖や果糖などの糖質を主成分としているうえ、消化吸収も早いので、風邪などで体が弱っているときの栄養補給におすすめです。

    ただし、ボツリヌス菌を原因とする乳児ボツリヌス症の発生を防止するため、1歳未満の乳児には食べさせないでください。

  • 大根

    大根は水分が豊富なうえ、葉の部分には抗酸化作用や(皮膚や)粘膜の健康維持を助ける働きがあるビタミンCが豊富に含まれています。さらに、大根に含まれるイソチオシアネートという成分には、抗菌作用があるとされています。

  • レモン

    レモンは抗酸化作用や粘膜の健康維持を助けるビタミンCが豊富な他、疲労回復に役立つクエン酸も多く含んでいます。

  • ネギ

    ネギの緑の部分には、粘膜の健康維持を助ける働きのあるビタミンCが豊富に含まれているうえ、抗菌・殺菌作用もあります。

  • りんご

    りんごは抗酸化作用や粘膜の健康維持を助けるビタミンCが含まれている他、カテキン(エピカテキン)が豊富で、抗ウイルス作用・殺菌作用・抗菌作用があります。

  • 卵は、皮膚や粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあるビタミンAが豊富です。さまざまな調理法で楽しめますので、上手に取り入れましょう。

  • 牛乳

    牛乳に多く含まれる、ビタミンAには、成長促進や生殖・免疫機能の維持、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。また水分により喉が潤うため、ウイルスが粘膜に付着しやすくなる喉の乾燥予防にもつながります。

    <調理法も工夫しよう>

    喉の痛みが強く、飲み込みづらい場合は、形状や調理法を工夫してみましょう。ご飯はおかゆに変えたり、かたい野菜や肉類は細かく刻んだり柔らかく煮るなど 食べやすくするのがおすすめです。その他、茶碗蒸しや卵豆腐なども食べやすいでしょう。また、香辛料は痛みを助長させることがあるので控え、薄めの味付けにしましょう。

声を出しすぎてのど(喉)を酷使しない

喉を酷使すると粘膜が傷つくため、長時間声を出して喉を乾燥させないようにしましょう。カラオケなどはもちろん控えるのが好ましいですが、どうしても声を出す必要がある際はこまめに水分を取ることで痛みの予防につながります。

アルコールを控える

喉が痛いときは、直接喉の粘膜を傷つけてしまうアルコールなどの刺激物に注意が必要です。さらに、アルコールの分解には大量の水を必要とするため、細胞から水分が奪われ、喉が乾燥して炎症を引き起こし、炎症がさらに悪化してしまいます。喉が痛いときはアルコールを控えましょう。

タバコを控える

タバコもアルコールと同じく刺激物です。タバコの煙には有害物質(ニコチン、タールなど)が含まれ、喉の粘膜を傷つけます。さらに副流煙で周りの人にも影響を及ぼすため、控えるようにしましょう。

市販薬を活用する

喉の痛みに効く市販薬には、内服薬・外用薬の2種類があります。

内服薬には、総合かぜ薬、口腔咽喉薬、解熱鎮痛薬、漢方製剤、ドロップ剤、トローチ剤などがあります。外用薬は、うがい薬、のどスプレーが主です。

とはいえ風邪や喉の痛みからの回復には、まずは体を温めて安静にすることが基本です。そのうえで、今回ご紹介した対処法を試してみてはいかがでしょうか。

参考文献

・日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会(http://www.jibika.or.jp/

・日本呼吸器学会(https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=2

・厚生労働省 インフルエンザQA

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

・文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」

https://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/mext_01110.html

「のど(喉)の痛み」の関連情報はこちら